ネット

よく見るサイトを自分好みに!どのサイトにも自作のJavaScriptを追加できるchromeアドオン「ScriptAutoRunner」が便利

最近はブラウザで完結する仕事がかなり増えていますが、外部のサービスを使っているとどうしても不便な事が出てきます。

「ここに更新ボタンがあったら・・・」
「毎回コピペして同じ文言入れるの面倒!」
「文字が小さすぎて見えないよ!」

など様々不満があるかと思います。

不満を解消するにはそのサービス会社に依頼するかしかないんですが、まず実装はしてくれないですし、実装するにもお金が・・・なんて事がほとんどです。

だったら自分で追加しちゃえばいいんじゃね!?
というわけで今回おすすめするのはこちら、どのサイトにもjavascriptを埋め込めるクロームアドオン「ScriptAutoRunner」です。

ScriptAutoRunnerとは

chromeの拡張アドオンの一つ。ブラウザ上で動作するプログラム「javascript」を好きなようにどのページでも起動できるようにする拡張機能です。

本来ホームページ上でjavascriptを動作させるには、あらかじめページに記載させる必要がありますが、これを使えば自分で作ったjavascriptを好きなページで動作させる事が出来ます。これが出来ればどのアドオンでもいいんですが、使いやすく見た目も洗練されているのでおすすめします。

※javascriptが動作するのはScriptAutoRunnerを導入しコードを書いたブラウザだけです。自分がchromeを使って見ているページだけで動作します。

ScriptAutoRunnerの使い方

簡単なJavaScriptを導入してみよう

PC版のchromeを立ち上げ、こちらのURLからScriptAutoRunnerを導入しましょう。

導入するとchromeの右上にアドオンの雷みたいなマークが表示されるのでクリック。
クリックすると出てくるのがこちらの画面です。

ScriptAutoRunnerの操作方法

次は右上のギアマークをクリック。
クリックするとこんな画面が立ち上がります。

ScriptAutoRunnerの操作方法2

上にある「+」の横にある「</>」ボタンでJavaScriptを追加します。クリックするとJavaScriptを入力できるようになるのでそこに入力してみましょう。

JavaScriptを入力する

今回はScriptAutoRunnerの紹介ですから簡単なJavaScriptを用意しました。

まずはアラートを表示させるJavaScriptを入れてみましょう。
コードを追加するには、画面右上の+マークの横、「</>」の箇所をクリックします。すると下にブロックが追加され、コードが入力できるようになります。

ScriptAutoRunner画面説

  1. スクリプトの名前。わかりやすい名前に変更出来ます。
  2. JavaScriptが有効なページをドメイン単位で設定できます。GoogleのページだけにJavaScriptを配置したいのであれば、「www.google.com」となります。なにも入力がなければ全てのページに配置されます。
  3. JavaScriptを個別でON・OFFするスイッチです。
  4. ScriptAutoRunner自体のON・OFFスイッチです。
  5. JavaScriptを配置するボックスを作成するスイッチです。「</>」をクリックするとコードを入力する画面が追加され、「🔗」マークをクリックするとライブラリなどからJavaScriptを読み込ませるタグが配置できるようになります。

JavaScriptの配信ON・OFF

四角い枠にJavaScriptが入力出来たら、左のコンセントをクリックします。クリックすると色が変わったのがわかるでしょうか?黄色になれば配置が開始されます。

scriptautolunnner ON OFF

JavaScriptの配置を確かめる

それでは配置ができているか確認してみましょう。ページはどこでもいいですが、今回はGoogleのトップページを見てみましょう。

ページを開くと上にアラートが出てきたでしょうか?出てくれば成功です。JavaScriptの配置ができています。Googleのページで自分のJavaScriptが動かせたわけです。

ScriptAutoRunnerを使ってサイトを思い通りに

JavaScriptがどのページにも配置できるようになれば、普段から仕事などで使っているページを思い通りに操作できるようになります。文字の大きさを変えたり、ページの下にあるボタンを常に表示させたり、特定のフォームに文字を追加したりなどなど、JavaScriptを使って作業効率をアップさせることができます。
皆さんもぜひ活用してみてください。

ネットでJavaScriptを勉強したいのであれば、このあたりのサイトがおすすめです。

集中的に学びたい方向け






自分のタイミングで学びたい方向け

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA