便利アイテム

立ったら人生変わった!座り仕事で辛いなら今すぐ環境を変えるべき

年中デスクワークの我々は立って仕事なんて夢のまた夢。

そんなふうに長年思っていました。ですが長時間のデスクワークにいよいよ限界が来てしまい、立って仕事が出来るようにこちらを購入。

すると、今までの不調が嘘のように仕事がはかどるようになったんです

長い間悩んできましたが、環境を変えてみて本当に良かったと思っています。ちょっとしたアイテムで、パソコン仕事も立って出来るようになります。

座り仕事で同じ不調を抱える方に届いてほしいと記事を書きました。

長時間の座り仕事。からだへの影響

長いデスクワークで人間の体にどのような悪影響があるのか。
こちらの記事を見れば明日から座り仕事ができなくなるんじゃないでしょうか。

記事の中にはこうあります。

座っている時間が多くなると

全身の代謝機能を支えてきた脚の筋肉が活動せず、糖や中性脂肪が取り込まれにくくなり、血液中で増えてしまいます。
さらに座った状態が長く続くことで全身を巡る血流が悪化し、血液がどろどろになります
その結果、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、さらに糖尿病などのリスクが高まるのです。

肺がんの発症の可能性が高い
肝臓がんや慢性閉塞性肺疾患の可能性が高くなることが明らかになってきた。
今後は感染症や、これまで明らかになっていない、がんとの関連も明らかにしたい。

これを読んで明日からまた座り仕事できます?
怖がらせるつもりはありませんが、私は納得感と共に恐怖しました。

長い座り仕事で私が感じていた不快感

私が感じていた不快感はまさにこれで、脚や特にに太ももが「つらかった」んです。
痛いというよりもとにかくつらい。
太ももの奥にある筋肉が何か「燃えるようなだるさ」がずっとありました。
「立って思いっきり走り出したい」そんな感じです。

そのせいで座って仕事をすることができなくなり、いつも落ち着かず昼食の後には
必ずといっていいほどつらい眠気が襲ってきました。

今思うと長時間の座り仕事で、太ももや足の機能が極度に弱っていたのだと思います。
体中の血流が止まるわけですから、そりゃあ眠くもなるし足もだるくなるでしょう。

当初は椅子にクッションを置いてみたり、姿勢矯正アイテムを使ってみたりしました。
でも結局全て意味はなく、足のつらさはなおりませんでした。

立って仕事をするには

どうしようもなくなり私は立って仕事をすることを決意します。
けれどもそれほど大きい会社でもなく、周りの目は気になるし総務に相談しても
断られてしまいました。

周りの目が気になるならまずは上司を落とそう

どうしても立って仕事がしたかった私は、同じ部署の上司に先ほどのページを見せることに。
同じ部署であれば、働く環境は一緒でしょうし、間違いなく今の状況に恐怖感を覚えるはずですからね。

簡単に立ち仕事に変えられる

作戦はうまくいって上司と一致団結し自腹でこれを購入。当初は机を変える必要があると思っていましたが、今はこんないいアイテムがあるんです。

これなら机を変える必要はありませんし、いざとなれば外すこともできます。
立っているのがつらくなれば、簡単に座り仕事に変えられます。
※導入前に必ず会社には相談しましょう!

ちょっと重いので女性が上げ下げするのは大変かもしれません。
小さいサイズもあるので、こちらも検討してみてください。

机ごと変えるなら電動式で6万円ほど。全部変えるにしてもそれほど値段はしません。

まとめ

長い間デスクワークのつらさに悩んできましたが、今回環境を変え生まれ変わることができました。なかなか環境を変えるのは勇気がいる事ですが、今すぐに変えることは無理でも、まずは相談してみて動くことをお勧めします。
いま悩んでいる方の助けになれば幸いです。
それでは。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA