カメラ・写真

富士フィルム フジノンXFズームレンズ大きさ・重さ比較

前回フジノンXF単焦点レンズのサイズ比較をしてみました。
続いて今回はズームレンズの比較にまいります。

正直ズームレンズでのサイズ・重量比較は、単焦点ほど意味がない気がしていますが、やはり単焦点と比べ大きくなりやすいのがズームレンズですので、この比較は意外とと重要なんじゃないかと思います。

※長さは全てW端での長さになります。XCレンズは別表にしています。

ズームレンズ大きさ(長さ)比較

レンズ名称・イメージ
※リンク付き
長さ(キャップとフードを除く) 質量(約) 最大径
XF18-55mmF2.8-4 R LM OISXF18-55mmF2.8-4 R LM OIS 70.4mm(W端) / 97.9mm(T端) 310g φ65mm
XF10-24mmXF10-24mmF4 R OIS 87mm(W端) / 87mm(T端) 410g φ78mm
XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WRXF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR 97.8mm(W端) / 158mm(T端) 490g φ75.7mm
XF16-55mmF2.8 R LM WRXF16-55mmF2.8 R LM WR 106.0mm(W端) / 129.5mm(T端) 655g φ83.3mm
XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISXF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS 118mm(W端) / 177mm(T端) 580g φ75mm
XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRXF50-140mmF2.8 R LM OIS WR 175.9mm 995g φ82.9mm
XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WRXF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR 210.5mm(W端) / 270mm(T端) 1375g φ94.8mm

やはりXF18-55が最短で70.4mm。これでW端F値が2.8でしかも手振れ補正付きですから、まさに万能レンズ。このレンズ一本でほとんどの撮影はまかなえちゃいますから恐ろしい子ですホントに。

続いて二番手はXF10-24の87mm。XFレンズ一の広角レンズですからそれなりにデカいと思いきや、90mmいかないサイズ。見た目が大きく見えるのは最大径φ78mmのせいでしょうか。ちなみにこのレンズは全長が伸び縮みしないタイプです。

三番手はXF18-135の97.8mm。100手前となるとさすがにデカさは否めませんが、このサイズで18から135までカバー出来るのは面倒くさがりな方にはおすすめ出来るレンズです。しかもこのレンズ手振れ補正が強力で5段までの補正付き。F値は一般的なF値ですが、夜間の撮影でも威力を発揮しそうなレンズです。

ズームレンズ重さ(重量)比較

続いて重量での比較です。

レンズ名称・イメージ
※リンク付き
質量(約) 長さ(キャップとフードを除く) 最大径
XF18-55mmF2.8-4 R LM OISXF18-55mmF2.8-4 R LM OIS 310g 70.4mm(W端) / 97.9mm(T端) φ65mm
XF10-24mmXF10-24mmF4 R OIS 410g 87mm(W端) / 87mm(T端) φ78mm
XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WRXF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR 490g 97.8mm(W端) / 158mm(T端) φ75.7mm
XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISXF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS 580g 118mm(W端) / 177mm(T端) φ75mm
XF16-55mmF2.8 R LM WRXF16-55mmF2.8 R LM WR 655g 106.0mm(W端) / 129.5mm(T端) φ83.3mm
XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRXF50-140mmF2.8 R LM OIS WR 995g 175.9mm φ82.9mm
XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WRXF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR 1375g 210.5mm(W端) / 270mm(T端) φ94.8mm

まぁ単焦点に続きこれもほぼ変わりませんね。XF50-140から重さのランクが一段上がる感じです。重さでいくとXF16-55とXF100-400を含めた赤バッチが並びますが、この中ではXF16-55が通しF2.8とはいえ異色ですね・・・。攻めてます富士フィルム。

XCレンズ比較

最後にXCレンズの比較です。

レンズ名称・イメージ
※リンク付き
質量(約) 長さ(キャップとフードを除く) 最大径
XC16-50mmF3.5-5.6 OIS IIXC16-50mmF3.5-5.6 OIS II 195g 65.2mm(W端) / 98.3mm(T端) φ62.6mm
XC50-230mmF4.5-6.7 OIS IIXC50-230mmF4.5-6.7 OIS II 375g 111mm(W端) / 177mm(T端) φ69.5mm

サイズで言ってしまうとプラで出来てますし、F値もあれですから小さくて軽いです。ただXCレンズも映り関しては安いなりに定評がありますから、まず使ってみるにはいいと思います。

まとめ

オススメはやはりXF18-55です。小型軽量手振れ補正W端F値2.8と、標準ズームが欲しいところを全て持っている万能ズーム。お出かけ用に最適ですよ。続いて気になるのはXF10-24。私自身が広角に興味があるっていうのもあるんですが、今回調べてみて意外と小さい事に気付きました。日常的に使いやすい画角もカバーしてますし、室内ではちょっと暗い気もしますが、その辺は手振れ補正でカバー出来るでしょうか。
そんな訳でズームレンズのサイズ比較でした。次回は機能別にまとめてみようと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA